イベント・アクティビティ

立山で過ごす時間を120%お楽しみいただくために、多彩なイベントを開催します。
大自然がつくりだす奇跡の風景や、ホテルで過ごすアットホームな時間が
素敵な思い出になりますように。

※アクティビティは、悪天候等の理由で実施しないことがありますので予めご了承ください。

スターウォッチング

スターウォッチング
スターウォッチングでは、富山県天文学会より講師にご参加いただき、天体望遠鏡を使用した本格的な星空観察を実施いたします。季節の星空にまつわる様々なエピソードを織り交ぜながら、星空観察のレクチャーを行っていただきますので、初めて観察を行うという方々でもお楽しみいただくことができます。
「星にいちばん近いリゾート」での特別な一夜を、天の川や流れ星とともにお楽しみください。

日程(2021年) 5/15(土)、5/26(水)満月
6/5(土)、6/12(土)
7/3(土)、7/10(土)新月、7/31(土)
8/7(土)、8/28(土)
9/4(土)、9/11(土)
10/2(土)、10/6(水)新月、10/9(土)
合計14回
時間 20:00(日によっては20:30)より。
天候によっては変更になる場合があります。
場所 「ティーラウンジりんどう」にてレクチャーの後、室堂ターミナル展望台に移動します。
天候によっては変更になる場合があります。
申し込み 予約不要
参加費 無料
内容 室堂ターミナル屋上に天体望遠鏡等を設置して講師による星空解説を行います。
講師は、富山県天文学会所属の会員の皆様です。

雷鳥ウォッチング

「神様の遣い」といわれる雷鳥を探しにスタッフがご案内します。雷鳥を見てみたいというお客様はぜひご参加ください。

日時 5月15日~7月1日 朝9:00~
所要時間 約75分(予定)
場所 みくりが池方面
申し込み 予約不要
参加費 無料
注意事項 積雪の上を歩きますのでお足下にはご注意ください。
なお、ご宿泊のお客様向けに、長靴やストックを無料貸出しております。(前泊者が対象です。)
雷鳥ウォッチング 雷鳥目撃率
5月下旬 6月上旬 6月中旬 6月下旬 期間計
2014年 92% 88% 100% 90% 92%
2015年 100% 100% 75% 40% 79%
2016年 93% 100% 100% 80% 92%
2017年 93% 85% 100% 100% 97%
2018年 100% 100% 100% 89% 96%
2019年 100% 100% 88% 50% 86%
2020年(※) 営業休止 営業休止 営業休止 営業休止 営業休止

※2020年4/17~6/30休業

<終了しました>山学山楽(やまがく・やまがく)ライチョウ

「氷河期の生き残り」と言われる「ニホンライチョウ」は特別天然記念物に指定されています。日本全国に約3,000羽生息していると言われ、そのうち250~300羽が立山周辺に生息していると言われています。ガイドや特別講師とともに、ライチョウが現れそうなポイントを目指して散策、じっくり観察します。

また、現在、富山市ファミリーパークをはじめ、上野動物園、大町山岳博物館などで人工繁殖に取り組まれています。手探りの状態で始まった人工飼育。二ホンライチョウを取り巻く現状から繁殖に成功するまでの命をつなぐ取り組みをお話しいただきます。

日時 2021年5月29日(土)~30日(日)
場所 ホテル立山 室堂平一帯
ガイド・講師 森田由樹子さん、石原祐司さん
定員 20人(最少催行人員10人)
申し込み 要予約(宿泊とセットになったプランがございます。下記リンクへお進みください)
定員に達しない場合、当日のお申し込みも受け付けます。
参加費 5,500円
注意事項 積雪の上を歩きますのでお足下にはご注意ください。
なお、ご宿泊のお客様向けに、長靴やストックを無料貸出しております。

宿泊とセットになったプランはこちら

5月29日のイベントは定員に達しました。
イベント実施日以外にも、
【スノーシューピクニック】ガイドツアーつきプラン【室堂エリア】

【立山めぐり・室堂エリア】ガイドツアーつきプラン

など、原則毎日ガイドツアー(エコツアー)つきの宿泊プランがございます。どうぞご検討ください。

 

日程(天候などにより、変更になる場合がございます)
1日目

15:00 チェックイン
15:30 開講式・オリエンテーション

20:30 スライド上映会(特別講師によるお話)
21:30 スライド上映会終了後、ホテルスタッフによる星空観察会

2日目

9:00 フィールドワーク(散策)

チェックアウトをお済ませの上ご参加ください

11:00 ホテル到着 閉講式・解散

 

ガイド・特別講師の紹介

ガイド 森田由樹子さん

北海道出身。新聞記者生活を経て、2006年富山に移住。2008年、エコツアー会社「エコロの森」を創業。富山県内各地をフィールドに、四季折々の自然、歴史、文化をテーマにした様々なツアーを開催し、自らガイドもする。立山では、春から秋まで、スノーシュー散策やネイチャーガイドツアーを行う。
エコツアー・ガイドツアー会社「エコロの森」代表。

特別講師 石原祐司さん

ライチョウの人工繁殖に取り組む富山市ファミリーパーク園長。

富山大理学部生物学科を卒業後、動物園開設の準備が進んでいることを知り、開園前年の1983年、市ファミリーパーク公社に入社。2017年より園長に就任。

 

〈終了しました〉山学山楽(やまがく・やまがく)「立山の雪」

立山の雪と言えば「雪の大谷」。ですが、それだけではもったいない!このイベントでは雪の立山の本質的な魅力に迫ります。
雪の壁はどうやってできるの?夏はどうなるの?雪の大谷に来たから感じるたくさんの「?」にお答えします。
特別講師によるスライドを用いたお話と、山岳ガイドが同行するフィールドワーク。
これであなたも「立山の雪博士」!?

日時 2021年6月12日(土)~13日(日)
場所 ホテル立山 室堂平一帯
ガイド・講師 大塚憲一さん、飯田肇さん(予定)
定員 20人(最少催行人員10人)
申し込み 要予約(宿泊とセットになったプランがございます。下記リンクへお進みください)
定員に達しない場合、当日のお申し込みも受け付けます。
参加費 5,500円
注意事項 積雪の上を歩きますのでお足下にはご注意ください。
なお、ご宿泊のお客様向けに、長靴やストックを無料貸出しております。

宿泊とセットになったプランはこちら

日程(天候などにより、変更になる場合がございます)
1日目

15:00 チェックイン
15:30 開講式・オリエンテーション

20:30 スライド上映会(特別講師によるお話)
21:30 スライド上映会終了後、ホテルスタッフによる星空観察会

2日目

9:00 フィールドワーク(散策)

チェックアウトをお済ませの上ご参加ください

11:00 ホテル到着 閉講式・解散
ガイド・特別講師の紹介

ガイド 大塚憲一さん

富山大学理学部地球科学科で雪氷学を専攻し立山の雪の研究をする。これがきっかけで立山に頻繁に通うことになり山の魅力に惹きつけられる。2010年登山ガイドの資格を取得し、(株)Travearthを設立。少人数のトレッキングツアーをメインにいろいろな視点から立山を案内している。

特別講師 飯田肇さん

立山カルデラ砂防博物館学芸課長。茨城県出身。
富山県立山カルデラ砂防博物館で、立山や立山カルデラの自然を中心テーマとして博物館活動を行っている。調査研究として、立山地域の積雪、雪崩、気象調査を継続して実施。また、博物館研究チームとして2012年に日本初の現存する氷河を確認する。

 

山学山楽(やまがく・やまがく)「立山の地形」

「立山」はどうやっていまの姿になったのだろう?
なぜ標高2,450mに平原があるの?地獄谷から上がる煙の正体は?
今まで何気なく眺めていた山並みの秘密に迫ります!

特別講師によるスライドを用いたお話と、山岳ガイドが同行するフィールドワーク。
NHKの某人気番組のような世界を体験しましょう!

日時 2021年9月4日(土)~5日(日)
場所 ホテル立山 室堂平一帯
ガイド・講師 大塚憲一さん、飯田肇さん(予定)
定員 20人(最少催行人員10人)
申し込み 要予約(宿泊とセットになったプランがございます。下記リンクへお進みください)
定員に達しない場合、当日のお申し込みも受け付けます。
参加費 5,500円
注意事項 室堂平周辺を散策予定ですが、室堂山方面へ行く場合があります。歩き慣れた靴、動きやすい服装でご参加ください。

宿泊とセットになったプランはこちら

日程(天候などにより、変更になる場合がございます)
1日目

15:00 チェックイン
15:30 開講式・オリエンテーション

20:30 スライド上映会(特別講師によるお話)
21:30 スライド上映会終了後、ホテルスタッフによる星空観察会

2日目

9:00 フィールドワーク(散策)

チェックアウトをお済ませの上ご参加ください

11:00 ホテル到着 閉講式・解散

 

ガイド・特別講師の紹介

【ガイド 大塚憲一さん】

富山大学理学部地球科学科で雪氷学を専攻し立山の雪の研究をする。これがきかっけで立山に頻繁に通うことになり山の魅力に惹きつけられる。2010年登山ガイドの資格を取得し、(株)Travearthを設立。少人数のトレッキングツアーをメインにいろいろな視点から立山を案内している。

【特別講師 飯田肇さん】

立山カルデラ砂防博物館学芸課長。茨城県出身。
富山県立山カルデラ砂防博物館で、立山や立山カルデラの自然を中心テーマとして博物館活動を行っている。調査研究として、立山地域の積雪、雪崩、気象調査を継続して実施。また、博物館研究チームとして2012年に日本初の現存する氷河を確認する。

 

ニホンライチョウ特別講話
「ライチョウを未来につなぐ」

絶滅危惧種に指定されているニホンライチョウの保全に向け、先駆的な役割を担う(公財)富山市ファミリーパーク。
ニホンライチョウを取り巻く現状から繁殖に成功するまでの命をつなぐ取り組みをお話しいただきます。
講師:富山市ファミリーパーク 園長 村井仁志 参与 石原祐司

日程(2021年) 5/ 8(土)、5/29(土)
6/ 6(日)
7/11(日)、7/18(日)
時間 20時または20時30分~45分程度
場所 ティーラウンジりんどう
申し込み 予約不要
参加費 無料

(公財)富山市ファミリーパーク

昭和59年翌4月28日に開園しました。

ファミリーパークは郷土の動植物についての様々な知識を普及するために、特に郷土(富山そして日本)の動物たちを中心に特別天然記念物であるライチョウやカモシカも含まて生態展示しており、里山の自然環境の調査や保全などもおこなっています。

今後も「動物」「里山」「地域」をテーマに、様々な事業を進め、「人も森も元気になる新しい里山づくり」を目指しています。