紅葉を楽しむ

01

室堂では9月中旬から始まる紅葉シーズン

大自然が鮮やかに色づく紅葉シーズン。平野部の名所より一足早く始まる立山黒部アルペンルートの紅葉は少しずつ標高を落としていき、長く楽しむことができます。立山黒部アルペンルート最高所である標高2450mに位置する室堂は雄山、浄土山、別山の立山三山を望み、紅葉見物には絶好のロケーションです。9月中旬から大地が色づきはじめ、3000m級の立山連峰が赤や黄に染まる様は見事です。

02

高原を赤、黄、緑に染める草紅葉が見事

室堂で見られる紅葉の魅力は、なんといっても高山植物が色づく草紅葉です。室堂では9月中旬からイワイチョウ、タカネナナカマド、ウラジロナナカマド、ミネカエデが色づきはじめ、9月下旬にはホテル周辺に咲くチングルマがまるで深紅の絨毯を敷きつめたように大地を赤く染めあげます。高原が赤、黄、緑に染まり、美しいグラデーションを見せる風景は圧巻です。

03

紺碧の湖と紅葉が織りなすコントラスト

みくりが池をはじめ、みどりが池、雷鳥沢など室堂は紅葉見物にふさわしい名所が多くあります。晴れた日にはみくりが池、みどりが池の湖面に青空が映え、辺り一面に広がる紅葉とのコントラストが見事です。雷鳥沢や浄土沢では、9月下旬からナナカマドやミネカエデが鮮やかに色づきます。トレッキングをしながら、大自然が織りなす紅葉をお楽しみください。